calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

archives

受験セラピー/個人コンサルティング

ご予約はこちらから

お名前(姓名)
携帯アドレス

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気キーワード

  • SEOブログパーツ

台風の日は家族の結束を固めよう。

0
    JUGEMテーマ:子育て
     
    台風ですね。
    雨風がすごい!

    大きな被害が出ませんように……



    こんな日は家族の結束が固くなり易いですね。

    子どもとじっくり話すチャンスですよ。

    ぜひ普段は聞けないような話をいろいろと聞いてあげると
    いいのではないでしょうか。



    Typhoon (Bobbejaanland) / gnislew

    注意すればするほどやる気になってもらえる方法

    0
      JUGEMテーマ:家庭学習
       
      先日の子どもを理解する質問はいかがでしたか?

      子どもの心から子どもを取り巻く状況、子どもと親との関係などだんだんと濃い内容になるように作った子育てコーチングです。

      ひとつずつ取り組んでいただけるとより深い気付きが得られるようになっています。

      一つ一つの質問は短いものばかりですが、その答えには多くの気づきがあったはずです。



      まだの方はぜひこちらからどうぞ ↓
      子どもを深く理解する30の質問 #01



      今日は子どもを伸ばす注意の仕方についてです。



      子どもの教育に熱心な親、勉強が得意だった親がはまる落とし穴、それはダメだしをするところです。
      自分が秀でているだけに人の欠点が見えてしまう。
      そしてつい言ってしまうのです。

      「ここがダメ」
      「これじゃダメ」
      「これじゃバツになるよ」
      「ほらここができてない」

      ちょっと点数が良かったら

      「前回は点が悪かった」
      「他の科目はどうなの」
      「頑張らないと次は点が落ちるよ」

      これで子どもが前向きに勉強できるはずがないですよね。



      たとえば料理をしている目の前にお姑さんがいて、

      「切り方がダメ」
      「味付けが悪い」

      と、あれこれとダメだしをされたら頑張って料理をする気になりますか?


      たとえば仕事で書類をまとめているときに目の前に上司がいて、

      「てにをはが間違っている」
      「論点がぶれている」

      と、あれこれとダメだしをされたら頑張って書類をまとめる気になりますか?



      ならないですよね。



      それはなぜかというと、言われた方は



      自分を否定されている



      と感じるからです。



      注意する方は勉強のことだけ、料理のことだけ、仕事のことだけを言っているつもりでも
      言われている方は



      おまえはダメだ



      と存在を否定されているように感じるのです。



      心当たりはありませんか?



      さて、ここからが重要ですよ。



      では、どんな注意の仕方をすればやる気になってもらえるのでしょう?


      気になりますよね。


      では実際に子どもたちを指導する中で見つけた


      注意すればするほどやる気になってもらえる方法


      をご紹介しますね。
      (あ、もちろん子どもだけではなく、大人にも使えますよ!)


      それはこれ。



      「ここは良くできてるね。こうするともっと良くなるよ」



      と声かけをすること!
      (簡単そうに聞こえますが、実はこれ、すっごい効果的なんですよ!)



      まずはここは良いよと相手を肯定します。
      必ず何かしらいいところがありますから、そこを見つけてほめるのです。
      で、こうするともっと良くなるよとアドバイスする。


      いいですか、

      「もっと良くなる」

      ということは

      「今すでに良いよ。そしてもっと良くなれるよ」

      ということですよね。
      現状を肯定したうえで

      「あなたにはまだやれるだけの力があるよ」
      「あなたはまだやれると信じているよ」

      と伝えているのです。



      たとえば答えが違っていてやり直しをさせるとしますね。
      そんな時、



      「ほら、ここが違う(=否定)。やり直し(=認めない)」


      「ここまでは良くできてるよ。ここから丁寧にやり直してごらん。きっとできるよ」



      あなただったら、どちらがやる気になりますか?



      ぜひ

      「ここは良いよ、こうするともっと良いよ」

      という声かけをしてあげてくださいね。


      子どもを深く理解する30の質問 #30

      0
        JUGEMテーマ:子育て

        前回の質問はいかがでしたか?

        相手にどこか納得のいかないところがあったとしますね。
        やんわりと「良くないと思うよ」なんて言ったり、時にははっきり注意したりします。
        すぐに聞き入れてくれる人もいますが、ほとんどの人はそうではありません。
        人は変わりたくない、変えられたくないのですね。

        人はなかなか変えられませんから、無理に変えようとすると抵抗にあいます。

        ではどうすればいいのでしょう?

        そう、人が変わらないなら自分が先に変わればいいのですね。
        そうすれば気付いた時には相手も変わっていたりするものですよ。
        子どもに勉強しなさいといくら言ってもまったく勉強しない、といった話を耳にすることがありますね。

        そんな時は

        「自分から進んで勉強する子どもの親って、どんな親だろう?」
        「子どもが進んで勉強したくなるために、親ができることは何だろう?」

        と考えてみるといいかもしれませんね。



        さて「子どもを深く理解する30の質問」の第30回目です。
        とうとう最後の質問になりました。


        いつものように数分でいいですから時間をとって心に問いかけてくださいね。


        【効果的な質問のコツ】
        目を閉じて、ゆっくりと深呼吸をしてください。
        気持ちが落ち着いたら胸の奥に問いかけるように質問してください。
        頭で考えるのではなく心のうちから湧き上がる答えに気持ちを向けてください。
        どんな些細なことでも浮かんできた答えは大切にしてください。
        そこに何らかのヒントがあるはずです。



        では最後の質問です。

         

         

         

         

         

         

         

        「親の幸せが子どもの幸せに

              つながるのだとしたら

                自分の幸せのために

                   自分に何をしますか?」


         

         

         

         

         

         

         


        どんな答えが浮かんできましたか?
        その答えを大切にしてくださいね。


        さて、質問はこれで終わりです。
        30回を通してどんなことに気付いたでしょう?

        ときどきここに戻ってきてまた質問してくださいね。
        今とは違う答えやより深い気づきが得られるはずですから。

        また「子ども」を「自分」に変えたり、パートナーや気になる人に変えて質問してみるのもいいですね。
        ぜひいろいろな形で活用してくださいね。

        では、また。



        ↓ダンボーくんをポチッとしていただくと受験関連の人気ブログがわかります  



        その他の質問はこちらからご覧になれます。
         子どもを深く理解する30の質問 #01
         子どもを深く理解する30の質問 #02 
         子どもを深く理解する30の質問 #03 
         子どもを深く理解する30の質問 #04 
         子どもを深く理解する30の質問 #05 
         子どもを深く理解する30の質問 #06 
         子どもを深く理解する30の質問 #07 
         子どもを深く理解する30の質問 #08 
         子どもを深く理解する30の質問 #09 
         子どもを深く理解する30の質問 #10 
         子どもを深く理解する30の質問 #11 
         子どもを深く理解する30の質問 #12 
         子どもを深く理解する30の質問 #13 
         子どもを深く理解する30の質問 #14 
         子どもを深く理解する30の質問 #15 
         子どもを深く理解する30の質問 #16 
         子どもを深く理解する30の質問 #17 
         子どもを深く理解する30の質問 #18 
         子どもを深く理解する30の質問 #19 
         子どもを深く理解する30の質問 #20 
         子どもを深く理解する30の質問 #21 
         子どもを深く理解する30の質問 #22 
         子どもを深く理解する30の質問 #23 
         子どもを深く理解する30の質問 #24 
         子どもを深く理解する30の質問 #25 
         子どもを深く理解する30の質問 #26 
         子どもを深く理解する30の質問 #27 
         子どもを深く理解する30の質問 #28 
         子どもを深く理解する30の質問 #29 

        子どもを深く理解する30の質問 #29

        0
          JUGEMテーマ:子育て

          前回の質問はいかがでしたか?

          前回は子どもではなく、親が持っている資源について質問しました。
          資源と言ってもお金や不動産といった目に見えるものだけではありません。
          経験や人間関係や考え方や得意なことなど何でもいいのです。
          役に立つありとあらゆるものを資源と呼びます。

          そう考えると人にはたくさんの資源が眠っていることに気付きますね。
          あなたは、あなたが意識している以上の素晴らしい資源を持っているはずですよ。

          自分が持っている資源に気づくことは、人生を豊かにすることでもあります。

          ぜひたくさんの資源を掘り起こして活用してくださいね。



          では「子どもを深く理解する30の質問」の第29回目を始めましょう。


          いつものように数分でいいですから時間をとって心に問いかけてくださいね。


          【効果的な質問のコツ】
          目を閉じて、ゆっくりと深呼吸をしてください。
          気持ちが落ち着いたら胸の奥に問いかけるように質問してください。
          頭で考えるのではなく心のうちから湧き上がる答えに気持ちを向けてください。
          どんな些細なことでも浮かんできた答えは大切にしてください。
          そこに何らかのヒントがあるはずです。



          では29番目の質問です。

           

           

           

           

           

           

           

          「親が変われば子どもが変わるのだとしたら、

               自分のどんなところを改善しますか?」


           

           

           

           

           

           

           


          どんな答えが浮かんできましたか?
          その答えを大切にしてくださいね。

          ではまた!



          ↓ダンボーくんをポチッとしていただくと受験関連の人気ブログがわかります  



          その他の質問はこちらからご覧になれます。
           子どもを深く理解する30の質問 #01
           子どもを深く理解する30の質問 #02 
           子どもを深く理解する30の質問 #03 
           子どもを深く理解する30の質問 #04 
           子どもを深く理解する30の質問 #05 
           子どもを深く理解する30の質問 #06 
           子どもを深く理解する30の質問 #07 
           子どもを深く理解する30の質問 #08 
           子どもを深く理解する30の質問 #09 
           子どもを深く理解する30の質問 #10 
           子どもを深く理解する30の質問 #11 
           子どもを深く理解する30の質問 #12 
           子どもを深く理解する30の質問 #13 
           子どもを深く理解する30の質問 #14 
           子どもを深く理解する30の質問 #15 
           子どもを深く理解する30の質問 #16 
           子どもを深く理解する30の質問 #17 
           子どもを深く理解する30の質問 #18 
           子どもを深く理解する30の質問 #19 
           子どもを深く理解する30の質問 #20 
           子どもを深く理解する30の質問 #21 
           子どもを深く理解する30の質問 #22 
           子どもを深く理解する30の質問 #23 
           子どもを深く理解する30の質問 #24 
           子どもを深く理解する30の質問 #25 
           子どもを深く理解する30の質問 #26 
           子どもを深く理解する30の質問 #27 
           子どもを深く理解する30の質問 #28 

           子どもを深く理解する30の質問 #30

          子どもを深く理解する30の質問 #28

          0
            JUGEMテーマ:子育て

            前回の質問からはどんな答えが浮かびましたか?

            将来の幸せのために今は我慢して勉強する、などといった考えは持たない方がいいですね。

            例えば右を見ながらまっすぐに歩いてみてください。
            いくらまっすぐに歩いたつもりでも、ついつい右にそれてしまいます。
            人は意識が向いている方向に進むのですね。

            幸せな人は幸せなことに意識が向いています。
            これからますます多くの幸せに気づくことでしょう。
            幸せではない人は幸せではないことに意識が向いています。
            これからますます多くの幸せではないことに気づくことでしょう。

            いま幸せでないなら将来幸せになることは難しくなりますよ。
            いまこの瞬間の気持ちというのはとても大切なのですね。



            では「子どもを深く理解する30の質問」の第28回目を始めましょう。


            今回も1〜2分だけでいいですから時間をとって心に問いかけてくださいね。


            【効果的な質問のコツ】
            目を閉じて、ゆっくりと深呼吸をしてください。
            気持ちが落ち着いたら胸の奥に問いかけるように質問してください。
            頭で考えるのではなく心のうちから湧き上がる答えに気持ちを向けてください。
            どんな些細なことでも浮かんできた答えは大切にしてください。
            そこに何らかのヒントがあるはずです。



            では28番目の質問です。

             

             

             

             

             

             

             

            「子どもを豊かにするために
             
             あなたはどのような資源を持っていますか?」


             

             

             

             

             

             

             


            どんな答えが浮かんできましたか?
            その答えを大切にしてくださいね。

            ではまた!



            ↓ダンボーくんをポチッとしていただくと受験関連の人気ブログがわかります  




            その他の質問はこちらからご覧になれます。
             子どもを深く理解する30の質問 #01
             子どもを深く理解する30の質問 #02 
             子どもを深く理解する30の質問 #03 
             子どもを深く理解する30の質問 #04 
             子どもを深く理解する30の質問 #05 
             子どもを深く理解する30の質問 #06 
             子どもを深く理解する30の質問 #07 
             子どもを深く理解する30の質問 #08 
             子どもを深く理解する30の質問 #09 
             子どもを深く理解する30の質問 #10 
             子どもを深く理解する30の質問 #11 
             子どもを深く理解する30の質問 #12 
             子どもを深く理解する30の質問 #13 
             子どもを深く理解する30の質問 #14 
             子どもを深く理解する30の質問 #15 
             子どもを深く理解する30の質問 #16 
             子どもを深く理解する30の質問 #17 
             子どもを深く理解する30の質問 #18 
             子どもを深く理解する30の質問 #19 
             子どもを深く理解する30の質問 #20 
             子どもを深く理解する30の質問 #21 
             子どもを深く理解する30の質問 #22 
             子どもを深く理解する30の質問 #23 
             子どもを深く理解する30の質問 #24 
             子どもを深く理解する30の質問 #25 
             子どもを深く理解する30の質問 #26 
             子どもを深く理解する30の質問 #27 

             子どもを深く理解する30の質問 #29 
             子どもを深く理解する30の質問 #30

            子どもを深く理解する30の質問 #27

            0
              JUGEMテーマ:子育て

              前回の質問からはどんなことが得られましたか?

              いき過ぎた期待や要求は子どものためにならないこともあります。

              例えばお花の種を植えたとしますね。
              しばらくすると芽が出ました。
              で、早く大きくなってほしいと思ってその芽を引っ張ったとします。
              大きくなりますか?

              なりませんよね。
              むしろ根が切れて枯れてしまうかもしれません。

              わかっているはずなのに、親は子どもに同じようなことをしてしまいます。

              待つ愛情というのもあるのですね。



              さて「子どもを深く理解する30の質問」の第27回目です。


              いつものように数分でいいですから時間をとって心に問いかけてくださいね。


              【効果的な質問のコツ】
              目を閉じて、ゆっくりと深呼吸をしてください。
              気持ちが落ち着いたら胸の奥に問いかけるように質問してください。
              頭で考えるのではなく心のうちから湧き上がる答えに気持ちを向けてください。
              どんな些細なことでも浮かんできた答えは大切にしてください。
              そこに何らかのヒントがあるはずです。



              では27番目の質問です。

               

               

               

               

               

               

               

              「いま子どもは感情が満たされていますか?」


               

               

               

               

               

               

               


              どんな答えが浮かんできましたか?
              その答えを大切にしてくださいね。

              ではまた!



              ↓ダンボーくんをポチッとしていただくと受験関連の人気ブログがわかります  



              その他の質問はこちらからご覧になれます。
               子どもを深く理解する30の質問 #01
               子どもを深く理解する30の質問 #02 
               子どもを深く理解する30の質問 #03 
               子どもを深く理解する30の質問 #04 
               子どもを深く理解する30の質問 #05 
               子どもを深く理解する30の質問 #06 
               子どもを深く理解する30の質問 #07 
               子どもを深く理解する30の質問 #08 
               子どもを深く理解する30の質問 #09 
               子どもを深く理解する30の質問 #10 
               子どもを深く理解する30の質問 #11 
               子どもを深く理解する30の質問 #12 
               子どもを深く理解する30の質問 #13 
               子どもを深く理解する30の質問 #14 
               子どもを深く理解する30の質問 #15 
               子どもを深く理解する30の質問 #16 
               子どもを深く理解する30の質問 #17 
               子どもを深く理解する30の質問 #18 
               子どもを深く理解する30の質問 #19 
               子どもを深く理解する30の質問 #20 
               子どもを深く理解する30の質問 #21 
               子どもを深く理解する30の質問 #22 
               子どもを深く理解する30の質問 #23 
               子どもを深く理解する30の質問 #24 
               子どもを深く理解する30の質問 #25 
               子どもを深く理解する30の質問 #26 

               子どもを深く理解する30の質問 #28 
               子どもを深く理解する30の質問 #29 
               子どもを深く理解する30の質問 #30

              子どもを深く理解する30の質問 #26

              0
                JUGEMテーマ:子育て

                前回の質問はいかがでしたか?

                子どもは親の影響をまぬがれることはできません。
                それは生活習慣や言葉づかいや行動といったことだけではなく
                考え方や価値観といったものにまで及びます。
                もちろんいい影響もありますが、悪い影響だって与えてしまうのです。
                子は親の鏡、とはよく言ったものです。
                子どもに対する不安や不満は自分のものとして考えてみるのもいいかもしれませんね。
                子どもにはいい影響を与えたいものです。


                では 「子どもを深く理解する30の質問」の第26回目を始めましょう。


                いつものように数分でいいですから時間をとって心に問いかけてくださいね。


                【効果的な質問のコツ】
                目を閉じて、ゆっくりと深呼吸をしてください。
                気持ちが落ち着いたら胸の奥に問いかけるように質問してください。
                頭で考えるのではなく心のうちから湧き上がる答えに気持ちを向けてください。
                どんな些細なことでも浮かんできた答えは大切にしてください。
                そこに何らかのヒントがあるはずです。



                では26番目の質問です。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                「子どもの現状に合わない

                    過度な期待や要求をしていませんか?」


                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                どんな答えが浮かんできましたか?
                その答えを大切にしてくださいね。

                ではまた!



                ↓ダンボーくんをポチッとしていただくと受験関連の人気ブログがわかります  



                その他の質問はこちらからご覧になれます。
                 子どもを深く理解する30の質問 #01
                 子どもを深く理解する30の質問 #02 
                 子どもを深く理解する30の質問 #03 
                 子どもを深く理解する30の質問 #04 
                 子どもを深く理解する30の質問 #05 
                 子どもを深く理解する30の質問 #06 
                 子どもを深く理解する30の質問 #07 
                 子どもを深く理解する30の質問 #08 
                 子どもを深く理解する30の質問 #09 
                 子どもを深く理解する30の質問 #10 
                 子どもを深く理解する30の質問 #11 
                 子どもを深く理解する30の質問 #12 
                 子どもを深く理解する30の質問 #13 
                 子どもを深く理解する30の質問 #14 
                 子どもを深く理解する30の質問 #15 
                 子どもを深く理解する30の質問 #16 
                 子どもを深く理解する30の質問 #17 
                 子どもを深く理解する30の質問 #18 
                 子どもを深く理解する30の質問 #19 
                 子どもを深く理解する30の質問 #20 
                 子どもを深く理解する30の質問 #21 
                 子どもを深く理解する30の質問 #22 
                 子どもを深く理解する30の質問 #23 
                 子どもを深く理解する30の質問 #24 
                 子どもを深く理解する30の質問 #25 
                 
                 子どもを深く理解する30の質問 #27 
                 子どもを深く理解する30の質問 #28 
                 子どもを深く理解する30の質問 #29 
                 子どもを深く理解する30の質問 #30

                子どもを深く理解する30の質問 #25

                0
                  JUGEMテーマ:子育て

                  前回の質問はいかがでしたか?

                  普段はあまり意識することはありませんが、親子関係の基本ともいえる質問かもしれませんね。
                  親を信頼していない子どもは、親に本音を話してくれることはありません。
                  「この人に話しても無駄」
                  と思ってしまうのですね。

                  もともと子どもは親を信頼しているもの。
                  それを壊すのは親の側なのです。

                  信頼している親(特に母親)から信頼されている、こういった子どもの心は安定していますね。

                  何があっても自分の味方でいてくれる、そんな人がいてくれたら心強いとは思いませんか。


                  さて 「子どもを深く理解する30の質問」の第25回目です。


                  今回も数分でいいですから時間をとって心に問いかけてくださいね。


                  【効果的な質問のコツ】
                  目を閉じて、ゆっくりと深呼吸をしてください。
                  気持ちが落ち着いたら胸の奥に問いかけるように質問してください。
                  頭で考えるのではなく心のうちから湧き上がる答えに気持ちを向けてください。
                  どんな些細なことでも浮かんできた答えは大切にしてください。
                  そこに何らかのヒントがあるはずです。



                  では25番目の質問です。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  「子どもはどのようなところで

                      親の影響を受けていますか?」


                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  どんな答えが浮かんできましたか?
                  その答えを大切にしてくださいね。

                  ではまた!



                  ↓ダンボーくんをポチッとしていただくと受験関連の人気ブログがわかります  



                  その他の質問はこちらからご覧になれます。
                   子どもを深く理解する30の質問 #01
                   子どもを深く理解する30の質問 #02 
                   子どもを深く理解する30の質問 #03 
                   子どもを深く理解する30の質問 #04 
                   子どもを深く理解する30の質問 #05 
                   子どもを深く理解する30の質問 #06 
                   子どもを深く理解する30の質問 #07 
                   子どもを深く理解する30の質問 #08 
                   子どもを深く理解する30の質問 #09 
                   子どもを深く理解する30の質問 #10 
                   子どもを深く理解する30の質問 #11 
                   子どもを深く理解する30の質問 #12 
                   子どもを深く理解する30の質問 #13 
                   子どもを深く理解する30の質問 #14 
                   子どもを深く理解する30の質問 #15 
                   子どもを深く理解する30の質問 #16 
                   子どもを深く理解する30の質問 #17 
                   子どもを深く理解する30の質問 #18 
                   子どもを深く理解する30の質問 #19 
                   子どもを深く理解する30の質問 #20 
                   子どもを深く理解する30の質問 #21 
                   子どもを深く理解する30の質問 #22 
                   子どもを深く理解する30の質問 #23 
                   子どもを深く理解する30の質問 #24 

                   子どもを深く理解する30の質問 #26 
                   子どもを深く理解する30の質問 #27 
                   子どもを深く理解する30の質問 #28 
                   子どもを深く理解する30の質問 #29 
                   子どもを深く理解する30の質問 #30

                  子どもを深く理解する30の質問 #24

                  0
                    JUGEMテーマ:子育て

                    前回の質問からはどんな答えが得られましたか?

                    「自分らしく」
                    言うのは簡単ですが果たしてどういう状態なのでしょう?

                    これは個人的な意見ですが
                    「信念や価値観を明確にして、それを満たす生き方をしている状態」
                    のことではないでしょうか。

                    信念や価値観に沿った生き方をするには自分や周りの様々なことを調整していく必要があります。
                    努力が必要なのですね。
                    楽して進める道ではないので、しっかりサポートをしてあげてくださいね。

                    まずは子どもの信念や価値観を見極めることが大切かもしれません。
                    子どもがそれを形成するのは親の影響もあることも忘れないでくださいね。


                    では「子どもを深く理解する30の質問」の第24回目を始めましょう。


                    いつものように数分でいいですから時間をとって心に問いかけてくださいね。


                    【効果的な質問のコツ】
                    目を閉じて、ゆっくりと深呼吸をしてください。
                    気持ちが落ち着いたら胸の奥に問いかけるように質問してください。
                    頭で考えるのではなく心のうちから湧き上がる答えに気持ちを向けてください。
                    どんな些細なことでも浮かんできた答えは大切にしてください。
                    そこに何らかのヒントがあるはずです。



                    では24番目の質問です。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    「子どもは親を信頼していますか?」


                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    どんな答えが浮かんできましたか?
                    その答えを大切にしてくださいね。

                    ではまた!



                    ↓ダンボーくんをポチッとしていただくと受験関連の人気ブログがわかります  



                    その他の質問はこちらからご覧になれます。
                     子どもを深く理解する30の質問 #01
                     子どもを深く理解する30の質問 #02 
                     子どもを深く理解する30の質問 #03 
                     子どもを深く理解する30の質問 #04 
                     子どもを深く理解する30の質問 #05 
                     子どもを深く理解する30の質問 #06 
                     子どもを深く理解する30の質問 #07 
                     子どもを深く理解する30の質問 #08 
                     子どもを深く理解する30の質問 #09 
                     子どもを深く理解する30の質問 #10 
                     子どもを深く理解する30の質問 #11 
                     子どもを深く理解する30の質問 #12 
                     子どもを深く理解する30の質問 #13 
                     子どもを深く理解する30の質問 #14 
                     子どもを深く理解する30の質問 #15 
                     子どもを深く理解する30の質問 #16 
                     子どもを深く理解する30の質問 #17 
                     子どもを深く理解する30の質問 #18 
                     子どもを深く理解する30の質問 #19 
                     子どもを深く理解する30の質問 #20 
                     子どもを深く理解する30の質問 #21 
                     子どもを深く理解する30の質問 #22 
                     子どもを深く理解する30の質問 #23 
                     
                     子どもを深く理解する30の質問 #25 
                     子どもを深く理解する30の質問 #26 
                     子どもを深く理解する30の質問 #27 
                     子どもを深く理解する30の質問 #28 
                     子どもを深く理解する30の質問 #29 
                     子どもを深く理解する30の質問 #30

                    子どもを深く理解する30の質問 #23

                    0
                      JUGEMテーマ:子育て

                      前回の質問からはどんな答えが得られましたか?

                      適切な時期は一人ひとりによって違います。
                      ある人には小学生の時かもしれないけれど、別の人には高校生の時かもしれない。
                      本には○○歳と書いてあったから今が適切な時期、とはならないのですね。
                      どうか世の中の情報に振り回されないでくださいね。

                      それに親はつい焦ってしまって早く子どもを仕上げようとしてしまいます。
                      時期を待って見守ることも子育てのうちですよ。

                      適切な時期を知るにはその子を良く見てあげることです。



                      では「子どもを深く理解する30の質問」の第23回目に入りましょう。


                      今回も1〜2分だけでいいですから時間をとって心に問いかけてくださいね。


                      【効果的な質問のコツ】
                      目を閉じて、ゆっくりと深呼吸をしてください。
                      気持ちが落ち着いたら胸の奥に問いかけるように質問してください。
                      頭で考えるのではなく心のうちから湧き上がる答えに気持ちを向けてください。
                      どんな些細なことでも浮かんできた答えは大切にしてください。
                      そこに何らかのヒントがあるはずです。



                      では23番目の質問です。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      「子どもがもっと自分らしくあるために

                              配慮できることは何ですか?」


                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      どんな答えが浮かんできましたか?
                      その答えを大切にしてくださいね。

                      ではまた!



                      ↓ダンボーくんをポチッとしていただくと受験関連の人気ブログがわかります  



                      その他の質問はこちらからご覧になれます。
                       子どもを深く理解する30の質問 #01
                       子どもを深く理解する30の質問 #02 
                       子どもを深く理解する30の質問 #03 
                       子どもを深く理解する30の質問 #04 
                       子どもを深く理解する30の質問 #05 
                       子どもを深く理解する30の質問 #06 
                       子どもを深く理解する30の質問 #07 
                       子どもを深く理解する30の質問 #08 
                       子どもを深く理解する30の質問 #09 
                       子どもを深く理解する30の質問 #10 
                       子どもを深く理解する30の質問 #11 
                       子どもを深く理解する30の質問 #12 
                       子どもを深く理解する30の質問 #13 
                       子どもを深く理解する30の質問 #14 
                       子どもを深く理解する30の質問 #15 
                       子どもを深く理解する30の質問 #16 
                       子どもを深く理解する30の質問 #17 
                       子どもを深く理解する30の質問 #18 
                       子どもを深く理解する30の質問 #19 
                       子どもを深く理解する30の質問 #20 
                       子どもを深く理解する30の質問 #21 
                       子どもを深く理解する30の質問 #22 

                       子どもを深く理解する30の質問 #24 
                       子どもを深く理解する30の質問 #25 
                       子どもを深く理解する30の質問 #26 
                       子どもを深く理解する30の質問 #27 
                       子どもを深く理解する30の質問 #28 
                       子どもを深く理解する30の質問 #29 
                       子どもを深く理解する30の質問 #30

                      | 1/5PAGES | >>